HOME>シニアを支える取り組み>シニアを支える取り組み

生きがいづくりと社会活動の概要

シルバー世代が増加する社会において、各自治体は50代以上になると発症リスクが増える認知症予防をするために様々な取り組みをすることが始まっています。認知症予防をするためには脳を鍛えるだけでなく、毎日を周りの人々と一緒に笑顔で暮らすことが重要になるのです。そこで認知症を予防する目的で、各自治体が始めているのが生きがいづくり活動になります。そんな生きがいづくり活動において、東京の荒川区で行っているのが生きがいづくりと社会活動です。生きがいづくりと社会活動の概要は、いくつかの項目に分かれています。定年退職をして間もない体力がある状態の人には、スポーツやレクリエーションなど体を動かす企画して周りの人々と楽しむだけでなく家の中に居続ける生活をしないためにシルバー人材としてスーパーや農業などの仕事を紹介します。ただ家にいても家族のために行動することも脳にとって良いので、例えば料理教室や手芸そしてカラオケなど自宅でも楽しめるような趣味を構築できるように公民館などの専用施設を利用して修得する活動をします。この他にも英語や書道などの文化教養教室や誰かと競い合う機会を作るための高齢者福祉週間行事などをおこなっているのです。このように60代を超えるシルバー世代が今後増加傾向にあることに変わりないので、日本を支えるために頑張ってきた人たちが安心して楽しく過ごせる環境を作るのは重要な取り組みになります。

読んでみよう